歯医者に関する情報が満載!

歯医者さんのお仕事

歯医者のホワイトニングとセルフのホワイトニングの違い

歯を白くするホワイトニングに興味を持つ人が増えています。
ホワイトニングの方法は大きく分けて2つあります。
歯医者で施術を受ける方法とセルフで行う方法です。
どちらを選べば良いのか分からない人もいるのではないでしょうか。
そこで今回は、歯医者とセルフのホワイトニングの違いについて解説します。
セルフで行う場合はホワイトニング効果のある歯磨き粉を使うのが一般的です。
費用が安く抑えられることと手軽さが魅力ですが、歯医者のホワイトニングと比較すると効果が低いです。
効果を高めたい場合は歯磨き粉だけでなく、市販のホワイトニング用の薬剤を使用した方が良いでしょう。
ドラッグストアにはジェル状のものが多く売られているので、薬剤師に相談すれば自分に合った物を教えてもらえます。
たとえば口臭が気になる場合は、口臭を抑制する効果のあるものが良いと伝えてください。
すべての料金を合わせても一万円以下に収まることがほとんどです。
一方で歯医者でのホワイトニングは高濃度の薬剤を使用するため、高い効果を期待できます。
さらに光を照射するなど専門的な施術を受けられます。
費用は自宅で行うより高くなることが一般的ですが、短期間で効果を実感できることも大きな魅力といえるでしょう。

歯医者のホワイトニングとセルフのホワイトニングで白さは変わる?

アメリカは、歯が白くて美しい人が多いです。
日本でも、歯の美しさに気を使って、様々な歯のケアを行っている人が増えています。
最近は、一般的なメニューの他に、ホワイトニングのメニューがある歯医者も多いです。
ホワイトニングには、ホワイトニング剤を塗って光をあてるホワイトニングと、自宅で行うホワイトニングがあります。
自宅でのホワイトニングは、マウスピースにホワイトニング剤を塗って装着します。
歯医者で行うホワイトニング剤には、過酸化水素が使われることが多いです。
一方、自宅でのホワイトニングでは、主に過酸化尿素が使われます。
過酸化水素は、短時間で効果が出ます。
過酸化尿素は、効果が穏やかに持続します。
歯医者でのホワイトニングは、専門家が行うので安全です。
また、自分が希望する白さについて、相談することができます。
患者が自宅で行うホワイトニングは、好きな時に手軽にできるというメリットがあります。
歯医者のホワイトニングと自分で行うホワイトニングで、前よりも歯が白く美しくなる人は多いです。
中には、ホワイトニングができない人もいます。
知覚過敏がある人は、ホワイトニングを行うと、歯がしみることがあります。
その場合、まずは知覚過敏の治療を優先します。

注目サイト

不倫問題の慰謝料はひとりで悩まずに、ご相談ください。

不倫の相談を名古屋でする

日常起こり得るトラブルを無償サポート・メンテナンス致します。

愛知でエコキュートを選ぶなら

合格に必要な最新情報満載。

司法試験 予備校

全国から薬剤師の求人を探すことが出来ます。

薬剤師の転職を相談

1科1クラスの少人数で徹底した個別就職支援を行います。

イラスト 専門学校 横浜

髪の毛のことでお悩みでしたら一人で悩まずにご相談ください。

リーブ21

軽井沢から近い立地にある不動産屋です、お気軽にご相談ください。

軽井沢 不動産

2017/9/7 更新

COPY RIGHT (C) 歯医者さんのお仕事 ALL RIGHT RESERVED